転入学について

本校では、高校在籍中(または休学中)の方の転入学を通年受け入れています。

1. 転入学の時期について

翌年3月に進級・卒業するためには、原則として次の時期まで転入学することが望まれます。
☆ 1・2年次:12月1日
3年次10月頃(卒業要件として、本校で最短6ヶ月の在籍が必要です。なお、前籍校での単位修得状況によっては、卒業時期が最短で翌年9月になる場合がありますので、ご了承下さい)

上記の期間を過ぎてから転入学した場合は、翌年度も同年次です。
3年次の場合は、最短で翌年9月に卒業できます。

2. 転入学の流れについて


1. 志願者は、在籍校に転入学を願い出ます。その際、本校様式の転入学書類を在籍校にお渡しください。
2. 在籍校は転入学書類を作成し、本校へ「転学照会」を行います(これらの書類は、在籍校から本校へ直接送付することもできます)。
3. 志願者は必要書類を準備して提出します。志願者と在籍校 双方の書類が揃った時点で、面接日時を決定します。
4. 面接試験合格後、本校より在籍校へ転入学の許可を出します。

※学校によっては、生徒の転出を認めていなかったり、転出に条件を設けていたりするところがあります。かならず事前に在籍校にご確認のうえ、本校へご相談ください。

※今年度に関する情報はこちらから(PDFファイルが開きます) → 2019年度中の転入学について